雑誌の表紙を飾る美人なら

絶対にお金持ちの男性と結婚したいと思っていても相手の男性が自分に好意を持ってくれなければその願いは叶いませんから時には現実的な考え方をすることも求められることになってきます。確かにお金持ちと結婚することができれば最高の人生を送れると考えてしまうのは無理もないのですがそれが実現できる確率というのは途方もなく小さいのでそこにばかり固執していると婚期を逃してしまうことになりかねないわけです。もちろん、自分は雑誌の表紙を飾るくらいの美人だという人であれば固執しても構わないかもしれませんがもしそうでないという場合には冷静になって将来のことを考えることも必要かもしれません。理想があまりにも高すぎると結婚できるはずの人でも一生独身でいることになりやすくなってしまいますからやはりどこかの段階で妥協するということも必要だと言えるでしょう。

 

例えば、年収3000万円以上の男性でなければ駄目というふうに頑なに思い込んでいる人がいれば年収1000万円あればOKという風に基準を下げることがとても重要になってきます。もちろん年収1000万円というのもかなりハードルが高いのですが年収3000万円以上という基準から考えればグンとハードルが下がるので一流企業のエリートサラリーマンとの接点が多いという人であれば可能性は否定することができません。しかし、エリートサラリーマンとの接点が全くないという人であれば年収1000万円というのは現実的ではありませんからもっと理想を下げて年収400万円や500万円といったラインで考えることがもとめられることになってきます。まぁ、とは言っても結局自分一人で考えていては埒が明かないでしょうから困った時には占いで助言を受けてみることから始めてみた方が良いでしょうね。

 

2019年4月8日更新